2012年04月06日

総額約30億ドルの取引

ここ数週間で総額約30億ドルのお金が動きました。

毎度のように準拠法はニューヨーク州法。カウンセルも毎度のようにニューヨークの巨大法律事務所。関わった当事者は、米国内の主要銀行約20行、幾つかの巨大法律事務所、主要格付け機関などを含めて、組織単位で30単位ほど。

法律事務所勤務時代にはクライアントからの指示でせっせと締め切りが迫っている法律文書を作ったりデューデリに振り回されるばかりで、全体像を把握できないまま超特急で様々な「停車駅(clients)」で大きな渦に埋もれながらひたすら悪戦苦闘していたのですが、まさにクライアントの立場となったin-houseでは、会社のcapital structureの大まかな流れとその背景となるビジネスサイドの戦略などをうまくヴィジョンできた上で日々関わっていけるので充実感も増します。

土台となる舵取りはこちらですが、リーガル文書の細かいネゴやドラフトは外部カウンセルの「働き蜂(associates)」たちに任せられるのでマインド面でも余裕をもって進められる美徳もあります。

目下、これで安心して当事者たちはEasterの祝日を満喫できることでしょう。
posted by Working Mom at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/262580265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。