2012年03月22日

資産運用ランチセミナー

先日、日本でも御馴染みのある外資の金融機関が弊社の財務部と法務部を対象にランチセミナーを開催したので社内の仲間と参加してきました。

お題は、個人の資産運用。もちろんお分かりの通り金融機関の目的は顧客確保です。リーマンショック以降の景気動向や経済動向などのイントロを経て、資産運用開始の勧めや投資対象商品の種類などについて金融機関が作成したカラフルな小冊子や資料を使って分かりやすく解説してくれました。

前の事務所に所属していたときも、別の金融機関により事務所内で行われたセミナーに参加したことがありました。あのときと同様、最初から最後まで懐疑心に覆われて純粋に受け入れられなかったのですが、営業マンのお面をかぶった資産運用のプロたちの戦略的スピーチを目前で観察できたという面ではなかなか勉強になったランチタイムでした。

老後に備えた資産運用が重要視されている今、周囲にはFA(ファイナンシャル・アドバイザー)を雇っている家族は少なくはありません。私は渡米してからずっと勤務先の会社が導入している確定拠出年金制度(401k)に参加しているので安心したつもりになっているのですが、もっと老後に向けた資産運用に関心を持たないと余裕のある老後生活を送れないことになってしまいかねないのかもしれません。

ちなみに、ミクロの視点になりますが、ファイナンシャル・アドバイザーの女王として米国のお茶の間では御馴染みのスージー・オーマン氏(ベストセラーの翻訳版はこちら)や米国消費者擁護の第一人者であるクラーク・ハワード氏の全米放送の持ち番組は時折参考にしています。資産運用もさることながら、日々の家計管理の知恵なども軽いタッチで教えてくれて大変お勧めです。
posted by Working Mom at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/259277501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。