2012年03月16日

大学時代のゼミ仲間と交流サイト発足

学生時代のゼミ仲間との交流サイトを某SNS上に構築してからもう数年経過していたのですが、いまいち効果的に使われておらず同窓生との交流がうまく促進されていなかったので、先日少々のリメイクを施して再度メンバー加入済みの仲間たちにリマインダーを送ってみました。すると驚くほどのフィードバックが来て個人同士の繋がりを通して一晩で3分の1もメンバー数が増加しました。

ゼミの教授は、幾つもの多国籍企業の法務部長を経歴に持つ方で、ディスカッションも含めてゼミの講義はすべて英語で行われていました。そんな一風変わったゼミだったもので、ゼミ生の大半は英語圏をはじめとして世界各地からの帰国子女でした。あとは母校と単位交換できる英語圏姉妹校からの交換留学生だったり、長期休みを利用した短期留学経験者だったり、私のように高校時代に交換留学経験者だったり。和気藹々とした仲間たちでした。

卒業後はそれぞれの道を進み、ほとんどの仲間たちが結婚して幼児の親になっています。夫婦でワーホリ延長で南半球移住して共働きしている仲間、日本の老舗的総合商社で世界を相手に活躍している仲間、企業派遣で大学院留学終了後世界の幾つもの拠点に海外駐在を続けている仲間、母親になっても得意の英語を生かすべく英語教室を開校した働くママ仲間、外資系金融でエリートの道を着実に歩んでいる仲間、故郷である南米に永住して現地の日系コミュニティで専門知識を生かしながら活躍している仲間、少年時代から得意のスポーツチームに入団して週末は各国の有名選手との交流を満喫しながら試合に没頭している仲間、卒業後大学院留学を経て法律専門家となりそこで築いた仕事仲間と起業した後、名門経営大学院に留学中の仲間など。

大らかなゼミ教授のお人柄もあるのでしょう。ただ今メンバーがうなぎ上りに増加中です。同期生のみならず年月は経過していても、先輩や後輩は当時と変わらない意欲満々のコメントを残してくれています。

母校はマンモス校ではありませんし、一部の大学のように世界の主要都市に同窓会の支部を設けていませんが、こうやって住んでいる都市に関わらずウェブサイトを通して同窓生の輪を広げて気軽に交流できる時代になりました。大いに活用していきたいです。将来的に同窓会を開催という話になれば、プレ同窓会の情報収集の場にもなるでしょう。
posted by Working Mom at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 人脈トーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257927861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。