2012年02月29日

就職・転職前の予習

glassdoor logo.JPG最近、同僚と四方山話をしているときに、glassdoorという企業内部情報の無料サイトが話題になりました。

今のところ使用言語は英語のみなのですが、日本の最大手企業も含めて世界中のグローバル企業や米国企業で働く従業員や面接を受けた人が匿名で(秘匿情報に触れない範囲内の)企業情報を提供するサイトです。会社の総合評価、社長の評価、職種ごとの給与、職場内の写真、採用の進め方、面接で聞かれた質問事項など様々な内部情報が収集されています。

基本的に無料で閲覧できるのですが、会員登録をしないまま閲覧をしていくとやがて会員登録を促す画面が出てきます。無視してさらに閲覧し続けることは可能なのですが閲覧できる情報が限られてきます。そこで無料の会員登録をして自らの(現又は元)雇用先の評価を提供することで、すべての情報を無料で閲覧できるシステムになっています。

会社と会社所在地に絞って検索・閲覧をすることも可能ですし(本社の従業員による評価と支社の従業員による評価を比較できる)、職種に絞って地域ごとの平均給与を検索・閲覧をすることも可能ですし、求人広告を出している会社又は職種ごとに地域に絞った検索・閲覧も可能ですし、職種ごとに面接で聞かれる質問事項の検索・閲覧も出来るようになっています。米国内に限らず世界中の求人情報がアップされています。

興味本位で昨年まで働いていたローファームを検索してみると総合評価は最高値の"5"でした。その前に4年間働いたローファームの総合評価も最高値の"5"。新卒で入社した某日本の老舗会社は"3.2"。学生時代にインターンをしたローファームは"4"。そして今の勤務先会社は"4"。

ローファーム時代を振り返って、元インサイダーとして納得できる評価ではありませんが、個人の描いている仕事像や雇い主への期待等によって相違する評価ですから納得できなくても当然の話。ですから、この評価数や書き込みされている内容を鵜呑みにして就職・転職先を決定するのはお勧めできませんが、情報源の一つとして参考になるでしょう。

大学院留学を終えて11年が経ちました。帰国後に東京で外資のローファームに絞った就職活動&就職をして以来、米国内で二つの組織で働いてきました。そして昨秋の転職活動で現在の職場に辿り着きました。有難いことに、いずれも景気の変動や雇用先の経営判断などに左右されないでより良い雇用機会を求めて活動をしました。将来、何かの機会で新天地へのドアを叩く時がきたときには参考にできそうです。

現在、就職・転職活動の皆さんも十分に参考に出来るのではないかと思います。

https://www.glassdoor.com/
【関連する記事】
posted by Working Mom at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職回想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/254669976
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。