2012年07月06日

前回エントリーしてからあっという間に3ヶ月経過

前回エントリーしてからあっという間に3ヶ月も経過してしまいました。

その間、大型案件の山を幾つか越えました。といっても巨大ローファーム時代のような激務スタイルではなく、外部カウンセルであるニューヨークの巨大法律事務所チームに細かい作業を任せて、こちらは大枠を整えて十分の睡眠を確保しながら前進できましたが。

本社ビル連結の某五つ星ホテルの大宴会場で、本社勤務の全従業員を対象に第一四半期の業績発表会も行われました。某大手の格付け会社が弊社のレーティングを格上げしたことをCEOが熱っぽく語っていました。安定期です。

前の勤務先の仲間たちと時折ランチをするのですが、良くも悪くも激化している情報が圧倒的です。すでに「激化」が始まっていて脱出計画を賢明に行使してきた当時の仲間たちの群れに沿って自らも脱出計画に成功できたわけですが、あまりに極端なほど弱肉強食&非人間的な「激化」話を聞くたびに寿命が縮んでしまいそうになります。

定期的にエントリーできるように心掛けていきます。
posted by Working Mom at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

ご栄転のニュース

昨年の秋まで勤務していたグローバル巨大法律事務所の勤務先地方オフィスのマネジング・パートナーが新天地へ向かう決心をしたそうです。(補足:「マネジング・パートナー」とは現地オフィスの総司令官のような存在の人物を指して、CEOなど法律事務所全体の最高司令官ではありません。)

新天地は、世界のエネルギー産業で代表的な存在の某クライアントのようです。彼は、若いときにローファームでキャリアを開始したのち、企業法務に移った後ローファームに戻っていたので、再び企業法務に復帰する模様です。

エネルギー産業のクロスボーダー取引におけるプロジェクト・ファイナンスの分野では米国で第一線をいく弁護士の典型的ライフスタイル(分刻みのスケジュール、家族との海外休暇中も毎回バカンス先で仕事漬け、一日に約500通以上のビジネスメールを処理)を送っている非常に多忙なビジネスマンです。

そんな中、私が事務所に所属していた折は、プロジェクトの個人研修のために時間を割いていただいたり、様々な有益なアドバイスを個人的にしていただいたり、私が現在の職場に転職の意向を伝えた際には心から喜んでいただき洒落たレストランでお別れディナー・パーティを開いていただいたりしたものです。

今朝、ご栄転のお祝いの言葉を贈ると直ぐに温かいお返事をいただきました。今後の更なるご活躍をお祈りいたします。

補足:公表済み情報によると後任は訴訟部門のドン、某パートナーに決定したようです。
posted by Working Mom at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

総額約30億ドルの取引

ここ数週間で総額約30億ドルのお金が動きました。

毎度のように準拠法はニューヨーク州法。カウンセルも毎度のようにニューヨークの巨大法律事務所。関わった当事者は、米国内の主要銀行約20行、幾つかの巨大法律事務所、主要格付け機関などを含めて、組織単位で30単位ほど。

法律事務所勤務時代にはクライアントからの指示でせっせと締め切りが迫っている法律文書を作ったりデューデリに振り回されるばかりで、全体像を把握できないまま超特急で様々な「停車駅(clients)」で大きな渦に埋もれながらひたすら悪戦苦闘していたのですが、まさにクライアントの立場となったin-houseでは、会社のcapital structureの大まかな流れとその背景となるビジネスサイドの戦略などをうまくヴィジョンできた上で日々関わっていけるので充実感も増します。

土台となる舵取りはこちらですが、リーガル文書の細かいネゴやドラフトは外部カウンセルの「働き蜂(associates)」たちに任せられるのでマインド面でも余裕をもって進められる美徳もあります。

目下、これで安心して当事者たちはEasterの祝日を満喫できることでしょう。
posted by Working Mom at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

資産運用ランチセミナー

先日、日本でも御馴染みのある外資の金融機関が弊社の財務部と法務部を対象にランチセミナーを開催したので社内の仲間と参加してきました。

お題は、個人の資産運用。もちろんお分かりの通り金融機関の目的は顧客確保です。リーマンショック以降の景気動向や経済動向などのイントロを経て、資産運用開始の勧めや投資対象商品の種類などについて金融機関が作成したカラフルな小冊子や資料を使って分かりやすく解説してくれました。

前の事務所に所属していたときも、別の金融機関により事務所内で行われたセミナーに参加したことがありました。あのときと同様、最初から最後まで懐疑心に覆われて純粋に受け入れられなかったのですが、営業マンのお面をかぶった資産運用のプロたちの戦略的スピーチを目前で観察できたという面ではなかなか勉強になったランチタイムでした。

老後に備えた資産運用が重要視されている今、周囲にはFA(ファイナンシャル・アドバイザー)を雇っている家族は少なくはありません。私は渡米してからずっと勤務先の会社が導入している確定拠出年金制度(401k)に参加しているので安心したつもりになっているのですが、もっと老後に向けた資産運用に関心を持たないと余裕のある老後生活を送れないことになってしまいかねないのかもしれません。

ちなみに、ミクロの視点になりますが、ファイナンシャル・アドバイザーの女王として米国のお茶の間では御馴染みのスージー・オーマン氏(ベストセラーの翻訳版はこちら)や米国消費者擁護の第一人者であるクラーク・ハワード氏の全米放送の持ち番組は時折参考にしています。資産運用もさることながら、日々の家計管理の知恵なども軽いタッチで教えてくれて大変お勧めです。
posted by Working Mom at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

薬物及び飲酒検査

先週のある午前中、突如別の階の会議室から電話が入り薬物及び飲酒検査にくるよう指示を受けました。

弊社が従業員の薬物検査と飲酒検査を積極的に実施しており、時折抜き打ち検査を行っているのは入社前から聞いていました。実際に検査の対象になってみて珍しさに興味も多少はありましたが、生憎にも至急のアサインメントが数件入ってきていたので煩わしさが先立ってしまい出来れば午後に後回ししたかったのですが、検査官の方から午前中に来るように指示されましたので仕方がなく即座検査を受けてきました。躊躇っいるのかと勘違いされて逆に疑いをかけられたりなどすると面倒なことにもなりかねませんし。

薬物検査は尿検査によって行われ、飲酒検査は飲酒検問などで使われるような一般的なアルコール検査器によって行われました。スポーツ選手でもあるまいし、薬物と共存しているような生活とは程遠い健康的な生活をしている人間の集団であるこの本社ビルのホワイトカラー従業員を相手に一体誰がひっかかるのかと疑問に思いたくなるのですが、個々の実生活の見えない部分を明らかにする意図なのでしょう。

そこで疑問に思ったのですが、もし日本の会社でこういった抜き打ち検査が行われたら、お昼時に料亭などでほんの少々の梅酒付きの御膳などをいただくことも禁止になってしまうのでしょうね。また、洋食でもワインなどを使った料理は火を通すことでアルコールが飛んでいきますがゼロにはならないはず。同様に甘いお酒入りのデザートなどもランチでは禁止になるのでしょうか。米国は民主主義の第一線をいく自由の国。皮肉なことになんとも厳しいお国でもあります。
posted by Working Mom at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

大学時代のゼミ仲間と交流サイト発足

学生時代のゼミ仲間との交流サイトを某SNS上に構築してからもう数年経過していたのですが、いまいち効果的に使われておらず同窓生との交流がうまく促進されていなかったので、先日少々のリメイクを施して再度メンバー加入済みの仲間たちにリマインダーを送ってみました。すると驚くほどのフィードバックが来て個人同士の繋がりを通して一晩で3分の1もメンバー数が増加しました。

ゼミの教授は、幾つもの多国籍企業の法務部長を経歴に持つ方で、ディスカッションも含めてゼミの講義はすべて英語で行われていました。そんな一風変わったゼミだったもので、ゼミ生の大半は英語圏をはじめとして世界各地からの帰国子女でした。あとは母校と単位交換できる英語圏姉妹校からの交換留学生だったり、長期休みを利用した短期留学経験者だったり、私のように高校時代に交換留学経験者だったり。和気藹々とした仲間たちでした。

卒業後はそれぞれの道を進み、ほとんどの仲間たちが結婚して幼児の親になっています。夫婦でワーホリ延長で南半球移住して共働きしている仲間、日本の老舗的総合商社で世界を相手に活躍している仲間、企業派遣で大学院留学終了後世界の幾つもの拠点に海外駐在を続けている仲間、母親になっても得意の英語を生かすべく英語教室を開校した働くママ仲間、外資系金融でエリートの道を着実に歩んでいる仲間、故郷である南米に永住して現地の日系コミュニティで専門知識を生かしながら活躍している仲間、少年時代から得意のスポーツチームに入団して週末は各国の有名選手との交流を満喫しながら試合に没頭している仲間、卒業後大学院留学を経て法律専門家となりそこで築いた仕事仲間と起業した後、名門経営大学院に留学中の仲間など。

大らかなゼミ教授のお人柄もあるのでしょう。ただ今メンバーがうなぎ上りに増加中です。同期生のみならず年月は経過していても、先輩や後輩は当時と変わらない意欲満々のコメントを残してくれています。

母校はマンモス校ではありませんし、一部の大学のように世界の主要都市に同窓会の支部を設けていませんが、こうやって住んでいる都市に関わらずウェブサイトを通して同窓生の輪を広げて気軽に交流できる時代になりました。大いに活用していきたいです。将来的に同窓会を開催という話になれば、プレ同窓会の情報収集の場にもなるでしょう。
posted by Working Mom at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 人脈トーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

キャリアと分岐点

前に所属していた事務所に転職を決心したとき、オファーをいただいていて最後ぎりぎりまで迷ったもう一つの法律事務所がありました。

私の住んでいる州では最大の法律事務所で世界15箇所以上にオフィスを構えていて全米でも認知度の高い事務所です。(リーマンショック以前の当時)約1000名のロイヤーが所属していたその事務所の本拠地となるオフィスです。東京にもオフィスがあります。当時の専門分野だった地方債市場業務部門は州内ではほぼ独占的な存在を謳歌しており将来の基盤構築の面で間違いない選択肢ではあったのですが、最後の最後で結局お断りしました。(その理由は追伸として後述の通り。)

すると、今年の新年早々公表されたプレスリリースが州内の地方債市場で一気に広まりこの話題でもちきりになりました。その事務所の地方債市場業務部門全体が同業他社であり前ニューヨーク市長ジュリアーニ氏の率いる法律事務所に吸収されるという内容でした。

お断りしないであのままあの事務所に転職をしていたら今自分は地方債市場業務部門と共に一緒に移動していたのかもいれないと思うと、キャリアを積んでいく上で、それぞれの分岐点で下す自らの決断によってどれだけキャリアが変わっていくのか改めて考えさせられました。

そこで思い出したのが、極端にネガティブな例なのですが、大学院留学を終えて帰国したばかりのとき、当時、不動の巨大エネルギー会社であり誰もが将来を疑わなかったE会社の法務部からお誘いをいただいていたことでした。その直後当該会社は、読者の方々もご存知のように米国ビジネス史上最悪の不正会計が明らかになり世の中の法律改正の発端となった大事件を起こしていました。

決断を下すにあたって、タイミングや景気など世の中の動きに逆行することは出来ませんから、そういった運命的な空間の中で、自分の直感を信じてそこから派生的又は論理的に沸いてくる信念を貫くより方法はないのかもしれませんね。

追伸:最後の最後にお断りした理由というのは、当時転職先に選んだ事務所の東京オフィスで以前に働いていた点や、(所属オフィスのロケーションでの主要業務にプラスアルファとして当該事務所の東京オフィスの手伝いの機会を狙って)対日商業取引が圧倒的に多かった点や、同じ証券市場でも郡・市町村・学校区・水道区等の地方公共団体の代理を主な業務とする地方債市場業務から企業代理をするコーポレート・ファイナンス分野にシフト願望が芽生えてきていた点や、居住している州内では大逆転なのですが転職先に選んだ事務所が圧倒的に世界規模での認知度が高かった点などがありました。
posted by Working Mom at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

写真撮影

先日、法務部の個人写真の撮影が行われました。

撮影を始める前に、同意書に署名を義務付けられています。写真の使用方法や使用目的はすべて雇用主である会社に委ねて、一切の権利を放棄するという内容のものです。黙って署名するしか選択肢はないわけです。

身なりを整えて準備した上で、本格的な撮影スタジオへと早変わりした会議室に入室しました。立つ位置、向く方向、顔や胴体の角度、顔の表情など次々と細かく指示を受けながら全部で50枚ほどでしょうか。撮られました。一人に要する時間は約10分くらい。

「もう少し顎を上げてみてください。」
「もう少し顎を下げてみてください。」
「前髪をサイドに向けてもう少し流すようにしてみてください。」
「肩にかかった髪は片側だけ背中の後ろに持っていってください。」
「胴体を右側を向けて顔だけカメラ目線にしてください。」
「胴体を左側に向けて顔だけカメラ目線にしてください。」
「歯を見せないで笑顔をキープしてくだい。」
「歯を見せるくらい笑顔にしてください。」
「両手を腰に持ってきて笑顔になってください。」
「両手を腰にしたまま右側を向いてください。でも顔は正面を向けたままにしてください。」
「両手を腰にしたまま左側を向いてください。でも顔は正面を向けたままにしてください。」
「自信満々の態度をして笑ってみてください。」

本格的な写真撮影に慣れない凡人が、笑いの度合いやわずかな角度をうまく調節するのは至難の技。

さらに、撮影の最中は質問攻め。

「週末は何をしましたか?話し続けてください。」
「週末で一番楽しかった思い出は何ですか?話し続けてください。」
「法務部ではどんな仕事をしているのですか?話し続けてください。」

カメラマンは話している私の顔の表情を撮りたいだけなので、一人で話し続けているだけ。最後の方は、近距離に設置された照明器具から発生する熱のお陰で最後のほうは頬が熱っていました。

ローファーム勤務時代の写真撮影は、ホームページのプロフェショナル紹介の写真などで御馴染みのように典型的な顔写真ですから座った状態で撮影されて至ってシンプルでしたが、今の会社はどうも従業員のビジュアルに気合を入れているようで、一体どんな会社資料が出来上がるのだか。

とにかく無事終了してほっと一息です。
posted by Working Mom at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

業績発表会

先日、本社勤務の従業員全員を対象にダウンタウンの某ホテルの大宴会場で2011年度の会社業績発表会がありました。

SECに提出する10-K(年次報告書)の通り、会社の景気は引き続き上向き模様で一安心。

東京での新卒時代を除いてはずっとグローバル組織の海外・国内支社勤務だった身分としては、インターネット回線やビデオ会議という媒体なしで物理的に本社の行事に参加できて、なかなか新鮮な感覚でした。

さてと。上半期にクローズ予定の大型金融取引がどんどん押し寄せています。

仕事、仕事。
posted by Working Mom at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

就職・転職前の予習

glassdoor logo.JPG最近、同僚と四方山話をしているときに、glassdoorという企業内部情報の無料サイトが話題になりました。

今のところ使用言語は英語のみなのですが、日本の最大手企業も含めて世界中のグローバル企業や米国企業で働く従業員や面接を受けた人が匿名で(秘匿情報に触れない範囲内の)企業情報を提供するサイトです。会社の総合評価、社長の評価、職種ごとの給与、職場内の写真、採用の進め方、面接で聞かれた質問事項など様々な内部情報が収集されています。

基本的に無料で閲覧できるのですが、会員登録をしないまま閲覧をしていくとやがて会員登録を促す画面が出てきます。無視してさらに閲覧し続けることは可能なのですが閲覧できる情報が限られてきます。そこで無料の会員登録をして自らの(現又は元)雇用先の評価を提供することで、すべての情報を無料で閲覧できるシステムになっています。

会社と会社所在地に絞って検索・閲覧をすることも可能ですし(本社の従業員による評価と支社の従業員による評価を比較できる)、職種に絞って地域ごとの平均給与を検索・閲覧をすることも可能ですし、求人広告を出している会社又は職種ごとに地域に絞った検索・閲覧も可能ですし、職種ごとに面接で聞かれる質問事項の検索・閲覧も出来るようになっています。米国内に限らず世界中の求人情報がアップされています。

興味本位で昨年まで働いていたローファームを検索してみると総合評価は最高値の"5"でした。その前に4年間働いたローファームの総合評価も最高値の"5"。新卒で入社した某日本の老舗会社は"3.2"。学生時代にインターンをしたローファームは"4"。そして今の勤務先会社は"4"。

ローファーム時代を振り返って、元インサイダーとして納得できる評価ではありませんが、個人の描いている仕事像や雇い主への期待等によって相違する評価ですから納得できなくても当然の話。ですから、この評価数や書き込みされている内容を鵜呑みにして就職・転職先を決定するのはお勧めできませんが、情報源の一つとして参考になるでしょう。

大学院留学を終えて11年が経ちました。帰国後に東京で外資のローファームに絞った就職活動&就職をして以来、米国内で二つの組織で働いてきました。そして昨秋の転職活動で現在の職場に辿り着きました。有難いことに、いずれも景気の変動や雇用先の経営判断などに左右されないでより良い雇用機会を求めて活動をしました。将来、何かの機会で新天地へのドアを叩く時がきたときには参考にできそうです。

現在、就職・転職活動の皆さんも十分に参考に出来るのではないかと思います。

https://www.glassdoor.com/
posted by Working Mom at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職回想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。